歯に関する情報を紹介していきます。


最近のクリニックから

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

大掃除
2011/12/05
いよいよ今年も残すところあと一ヶ月となりました。何となくせわしい日々ですが、皆様は家の大掃除の計画は立てられていますか?掃除の道具も沢山の種類があり、日頃から、掃除はされていると思いますが、いざ年末の大掃除をすると、細かいところにかなり汚れは溜まっています。お口の中も同じ事がいえます。毎日歯磨きはしていると思います。歯磨きのときに用いる道具も沢山あり、それでも歯石は沈着し、細菌は少しずつ増えていきます。虫歯も歯周病も身体を休めたからといって治りません。歯科検診を受け早期に治療し、定期的にお口の中をきれいにすることで、一生お口の中の健康を保つことができるのです。

毎日忙しいし、寒くて外出がおっくうになりがちですが、お口の中をチェックしにいらしてはいかがでしょうか。皆様がお口の中が健康で、きれいな状態で新年を迎えられる様お手伝いしていきたいと思います。

最近の山田歯科医院
2011/11/15
見附市にある分院の山田歯科医院は新築・移転してからもうすぐ一年が経とうとしています。この一年間、たくさんの患者様に御来院頂きありがとうございます。
治療が終わり一段落された方もいらっしゃいますが、大事なのはその健康状態を維持していく事です。その為に欠かせないのが定期健診です。御自宅で毎日ケアしていてもなかなか落としきれない汚れもあります。診療室では、器具を使ってプロの目でチェックをしますので、歯周病や虫歯の予防の為にも是非!定期健診にいらして下さい。
これからも歯科医療を通して地域の皆様に貢献していきたいと思っております。

最後に当院の様子を紹介します。

開院当時は手のひらサイズだった植物も、すごい生命力とスタッフの心をこめたお世話が実り人の背丈位まで成長しました。(写真左側)

また、患者様より頂いた『今町べと人形』が受付の看板娘になっています。御来院の際にはぜひご覧ください。(写真右側)

[患者様の???」
2011/11/08
ニイガタクリニックには見附に山田歯科医院という分医院があります。

その山田歯科医院に常勤しているのは受付の3人だけで、歯科医師と衛生士はニイガタクリニックから順番に移動して診療を行っています。

そのため患者様から「いつもスタッフの顔ぶれが違うね」「スタッフは何人いるの?」
など聞かれることがあります。
スタッフはシフト制で動いているので診療室にいる顔ぶれはいつも違います。
その分、患者様の一口腔単位での治療の予定がどうなっているのか、治療はどこまで進んでいるのか・・・しっかり治療計画書を作り全員で把握できるようになっています。

毎朝その日に来られる患者様の打ち合わせもしておりますので安心して御来院下さい。

お菓子と虫歯の関係
2011/10/18
もうすぐハロウィンの季節ですね♪クリニックでもハロウィンの飾り付けをして雰囲気を楽しんでいます。ハロウィンの時期になると子供達が「お菓子をくれないといたずらするぞ!!」と言って訪ねて来る風習があるそうです。そこで今回はお菓子と虫歯の関係についてお話ししたいと思います。
お菓子を食べ過ぎると虫歯になるとよく言われますが、みなさんは虫歯の発生メカニズムを知っていますか?虫歯になるかどうかのポイントは食事の取り方にあります。
私たちが食事をすると歯に歯垢が付着し、その歯垢にたまった菌が酸を発生します。その歯垢はご飯に比べてお菓子の方がつきやすく、酸の発生量も多いのです。そして口腔内に長時間歯垢が残ると細菌が増え、歯の表面のエナメル質を溶かすことで虫歯になるのです。つまり食後や寝る前のおやつは控えた方が良いということになります。
虫歯予防には食育が必要で、長時間歯垢が口腔内に残らないような習慣をみにつけることが大切です。当院には栄養士も勤務しておりますので、食育についてご質問があればお気軽にご相談下さい(^^)。

義援金の報告です
2011/10/07
東日本大震災の義援金を終了いたしましたので、ご報告します。
皆様のご協力のお蔭で、ニイガタクリニックと山田歯科医院合わせて、35.621円の義援金を日本赤十字社に振り込み致しました。

ご協力を頂きました皆様方、本当にありがとうござました。

検診の必要性
2011/09/30
ずいぶん秋らしくなって来ましたが、皆様いかがお過ごしですか?

秋≠ニ言えば皆さんは何を連想しますか?私は「味覚の秋」を想像します。例えばなし∞栗∞サンマ∞新米≠ネど、考えるだけで食欲がわいてきます(^o^)

おいしい物を楽しく食べるには、やはり自分の歯が健康であることが大切だと感じます。
当院では、健康な歯で一生過ごしてもらうために、ます患者様に合った治療計画をたてます。そして、スタッフ一同が連携し治療を行っています。
また、治療終了後は6ヶ月〜1年以内のサイクルで検診をおすすめしています。その為、多くの患者様が定期的に検診を受ける事で、お口の中を健康に保っています。

このように、治療を行った後も検診を受けて、虫歯や歯周病のチェックと予防処置をする事が一生自分の歯で過ごすことにつながるのです。

是非!検診をお休みされている方や、歯の悩みなどをお持ちの方はご来院ください。

歯をいつまでも大切に
2011/09/13
最近、ある年配の患者様と診療室で会話をしていて、とても感激した事がありました。
その患者様は上あご、下あごともに入れ歯を使用していてご自分の歯は現在6本残っています。大人の歯は28本(親知らずを除く)ありますので、22本は抜歯をしたか、自然に抜けてしまったかどちらかという事になります。その様にお口の中から喪失してしまった歯を捨てずに、1本1本を袋に入れ、喪失した年月日を書いて保管しているという事でした。もちろん感謝の意味を込めての事です。
失った歯をこれほど大切にしている人を目の当たりにし、私はとても嬉しく思いました。

歯の役割は大きく分けて3つあります。噛む、審美(見た目)、発音です。日々の生活に欠かせない事ばかりで毎日大活躍してくれているのです。ですから、お口の中に存在している歯を大切にしたり感謝したりする人は多いでしょう。しかし、この患者様の様にそれらの役割を終えた歯に対して、これだけ愛着を持って接している人は少ないと思います。長い間、自分を支え続けてくれた歯です。日々大切にメンテナンスしたり、感謝したりする事はもちろんですが、たとえ失う事になったとしても、感謝の気持ちを持ち続けることは大切ではないでしょうか?
私も歯科に携わる身として歯の大切さやありがたさを再確認する良い機会となりました。

きっとこの患者様は歯だけではなく、あらゆる物を大切にし、感謝の気持ちを持って接している人だと思います。私達もその様な生き方を見習わなくては、と思った出来事でした。

フッ素について
2011/09/05
9月に入ると夏も終わり、ジリジリと暑い日も少なくなり、徐々に過ごしやすい日が多くなりますが、昼夜の寒暖差により体調を崩しやすい時期です。皆様体調には十分ご注意ください。

当院では8月の夏休みを利用し、多くのお子様が来院されました。そこで、今回は虫歯予防に効果的なフッ素についてお話したいと思います。
まず「フッ素」とは、自然界において食べ物や水にもごく微量に含まれているものです。規定量を守り使用することで、虫歯予防に効果を発揮します。
このフッ素を定期的に塗ることにより、虫歯に強い歯の質を作っていきます。市販の歯磨き粉の中にフッ素が含まれているものもありますが、歯科医院で塗るフッ素はさらに高濃度で、より歯の質を高めていきます。
ですが、フッ素を塗っていれば安心というわけではありません。毎日の正しいブラッシングが大切です。ぜひ!!歯科医院で一緒に正しいブラッシングを練習しませんか?小さい頃から虫歯菌に強い歯を育てていきましょう。

フッ素の味が苦手というお子様にはリンゴ味のフッ素もご用意しておりますのでお申し付けください。お子様のお口の中で何かありましたら、お気軽にご相談ください。

お子様の歯肉炎
2011/08/15
前々回のコラムで歯肉炎について書かれていましたが、そのコラムを見てお子様の歯ぐきが気になるという患者様が、夏休みに定期健診を兼ねて来院されました。

定期健診では虫歯はありませんでしたが、歯肉炎はかなり進行していて、お母さんも驚いていました。色々と歯科衛生士と話し合い、お口の中をチェックし、お子さんの磨きにくい所も把握して頂き、何回か通った結果、歯ぐきが綺麗になりお口の中がスッキリしたと、お母さんもお子さんも喜んでいました。

皆さんも、自分では磨きづらい所などを綺麗にしてもらったり、自分の磨き方の癖や特徴を知る為にも、是非一度、来院してみてはいかがですか?

知覚過敏
2011/08/01
8月に入り、いよいよ夏本番になりました。暑さも徐々に厳しくなり、冷たい物を口にする機会が多くなったと思います。そんな時「しみる!!」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?これは、知覚過敏の代表的な症状です。
 他にも気がつくと歯を強く噛みしめている時はありませんか?かみ合わせや、歯ぎしり等で歯の一部に負荷がかかる状態が続くと、表面を覆っているエナメル質に細かいヒビが入る事があります。また間違ったブラッシングでもエナメル質がはがれてしまいます。その為、歯の神経に熱刺激が伝わって、歯に瞬間的な痛みが生じるのです。

 この様な症状の方には、白い詰め物の治療や、しみ止めのお薬を塗ったりする以外にも、正しいブラッシング方法の指導や、ナイトガード(夜眠る時につけるマウスピース)を付ける事によって改善することもあります。
 「最近歯がしみるなぁ〜」と感じる方や、検診希望の方など、是非この機会に診療にいらして下さい。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ