おいしく物が食べれる、人と楽しく会話できる。健康な歯こそ幸せな生活です。

インプラント治療について

インプラントで、元の自分の歯へ

天然歯(自分自身の歯)と同じように顎の骨に固定されるため、自分の歯と変わらないような感覚で固いものを咬むことができます。また、インプラントの種類によっては入れ歯と違い取り外しもないため、煩わしさや人前で外れるような心配もありません。

インプラントとは

元々あった歯と同じようになくなった部分を補う

歯科用インプラントは人工歯根のことで、保険適応外の治療方法です。天然歯が何らかの理由で失われ、欠損部の修復が必要となった場合に顎の骨にインプラント(チタン製のネジ)を埋め込み、その上に冠をかぶせて審美感や物を咬むといった機能を回復する方法がインプラント治療です。
インプラント治療とは、入れ歯本体が必要なく、ブリッジのように隣の歯を削る必要もありません。元々あった歯と同じようになくなった部分を補うことです。

インプラントの術前診査

インプラント治療を受けるための診査

実際には、希望される全ての方に対してインプラント治療ができるわけではありません。当院では安全かつ確実に治療を進めるために、様々な事前の診査(模型による診査・CT撮影等)を行っております。その後、改めて患者様ごとに相談致しますが、診査結果によってはインプラントを埋め込むことができない場合もあります。
インプラント治療を受けるためには最低でも幅6mm以上、高さ(太い神経や血管までの距離)8mm以上の顎の骨が必要です。これらのことを正確に調べるためにはCT撮影が必須であり、そこまで診査が進んだ後に確定診断をつけることになります。この診断を基に個々の患者様の治療方針が決定されます。

インプラント図

治療期間(手術から冠が入るまで)

治療終了後の定期的なチェック

インプラント治療はなくなった歯の部分だけではなく、お口の中全体に関わることがほとんどです。インプラントの部分だけを考えれば通常3〜6か月ですが、他の問題(歯周病や虫歯など)がある場合には、インプラント手術前後にも治療が必要となります。また、インプラントを埋め込んだ後、生着するまでの間数か月かかりますので、咬めるようになるには時間がかかります。
必要あれば一時的に入れ歯を入れて対応します。また、インプラント治療終了後にも定期的なチェックを受けていただく必要があります。

インプラント治療の成功率

経験を積んだスタッフが治療

日本の歯科インプラントは1980年ころから一般的に行われるようになりました。当院では新潟大学のインプラント治療部で経験を積んだスタッフが行っております。
現在の調査では手術後20〜25年のデータで95%近くの成功率が報告されています。それ以上の期間については今後明らかになると思われますが、咬み合わせの状態やお口の中の衛生状態が理想的に保たれている場合には長期間良好に機能することが期待できます。反対に、歯磨きなどお口の中のお手入れが良くない場合や咬み合わせに問題を生じた場合、歯ぎしりがひどい方ではインプラントの成功率や寿命が短くなると考えられています。

インプラント治療の適応症

手術前後の注意

顎の骨の状態がしっかりしていれば基本的にはインプラントを埋め込む手術は可能です。
しかし、しっかりと機能させるためには手術前後の注意が必要です。

インプラント治療の際、注意が必要な場合
注意
インプラント治療の適応でない場合
注意

術後の管理について

定期的な経過観察が大切

インプラントは稀に骨が吸収してしまう「インプラント周囲炎」になる場合があります。骨の吸収が見られた場合でも早期に対応すればほとんどの症例で回復すると言われていますので、定期的にレントゲンにて経過観察を行うことが大切です。適切な時期に定期検診のご案内をハガキでお知らせしますので、術後もご来院お待ちしております。